Unique

ガルド

とある地方の名称。
ガルドに生まれた人間の多くは『トルク』という属性に憑かれる特徴がある。

南邦

サウスガルドの別名。異民族同士の紛争地となっており、一年を通して気温が高い発展途上国。
不死鳥伝説が色濃く残っている。

South Gard

北邦

ノースガルドの別名。数十年ほど前に統一されたばかりの新しい国。冬は豪雪地帯となる。
心臓にトルクを持つ人間はほとんどおらず、現在も黒魔術と訝しがる住人が多い。

North Gard

西邦

ウェストガルドの別名。日中は蒸気、夜は影にあふれた国。古い歴史を持つ。
死亡時にとある条件を満たすと『扉道師』に連れられ、最果ての塔からこの世へ舞い戻ることができるという。

West Gard

東邦

イーストガルドの別名。所持する刀剣の質を最大の誉れとする。邦皇一族が特殊なトルクを継承し国を治める。
先時代の国を滅ぼし東邦を創った龍神が今も地の底に眠ると語り継がれる。

East Gard

央邦

ミッドガルドの別名。圧倒的な科学技術を誇る先進国。全国民に与えられる端末で様々な情報を管理している。
他邦を圧倒するための軍事力を求め竜の捜索が行われている。

Mid Gard

核石

石化した人間の心臓。

何らかのトルクが憑いた人間の心臓は、鼓動が止まると石化し結晶で覆われる。

反霊体

放置された核石は環境によっては黒い灰を纏った反霊体となり人を襲う。そのため核石は通常、街の蒸溜屋に引き取られてトルクを抜かれエリキシルと呼ばれる気体と石屑に分けられる。

辺境では反霊体に住人が襲われる事件が相次ぐため、反霊体討伐と生業として核石を蒸溜屋と取引するハンターも少なくはない。

夜空の欠片

ツァイトが探し集めている特殊な核石の一種。濃紺の中に無数の光の粒がまたたく石で、現在は細かく砕けている。

心臓の主は不明。手にすると強力な『時空のトルク』を扱えると噂が立ち古くから夜空の欠片を巡った争いが繰り広げられている。

竜の心臓

ガルドには幾らかの竜伝説があり、その心臓を喰らうと不老不死になると云われる。